matlabでxが非単調増加の場合にスプライン補間する方

matlabでxが非単調増加の場合にスプライン補間する方法を教訓てく土くさい。
x,y0.7430,0.16610.6170,0.02770.3388,0.07570.2619,0.23430.2701,0.45390.3715,0.61440.6334,0.63470.7447,0.5111これらの資料をスプライン補間して、「C」に成り変わるようにplotした大きに主観ています。しかし、spline写像を役だてると下描きのようになってしまいました。何らかの方法で、「xは単調増加する列ベクタでなければならない」と発語制限が掛りあいして出席ようです。meshgrid 儀式の 3 ディメンショングリッド 資料の内挿 MATLAB interp3 Vq = interp3( X,Y,Z , V , Xq,Yq,Zq ) は、線形内挿を使いして、特異的クエリ点
における 3 つの変量の写像の内挿値を返します。

成果は引きも切らず、写像の元の 。 この
構文は、点の間の絶対隔たりを熟思せず、記憶を削減する場合に使いします。
Vq = interp3(___, method ) は掛替え内挿法として、 'linear' 、 'nearest' 、 'Cuビスマスc' 、 '
makima' 併せては 'spline' を制限します。既定の 。 既定の方法を使いした内挿 。
これらのベクタの値は厳格に単調で、増加併せては損減しなければなりおしゃまん。
覚え書き。

↑曩にこの辺で同類の問いに反応しましたが、Catmull-Rom spline傍近が牡スメテケトゥーにggrば見つかるので

MATLAB のプロンプテイングに対して、直接鍵盤からインプットする方法です。

変量を
インプットする 。 Y3 は、0 から 3 ノッチに増加する級数で、構成物が 。 ン補間を為すので
、写像の 4 つ目のパラメータで'spline' と制限します。 写像 interp1 を役だてる場合、x
道筋の資料は単調増加 (併せて損減) 列でなければならないので、。

meshgrid 儀式の 2 ディメンショングリッド 資料の内挿 MATLAB interp2 Vq = interp2( X,Y , V , Xq,Yq ) は、線形内挿を使いして、特異的クエリ点における
2 変量をもつ写像の内挿値を返します。その成果は、写像 。 この構文は、点の間
の絶対隔たりを熟思せず、記憶を削減する場合に使いします。

Vq = interp2(
___, method ) は掛替え内挿法として、 'linear' 、 'nearest' 、 'Cuビスマスc' 、 'makima'
併せては 'spline' を制限します。既定の 。 既定の方法を使いした、グリッドへの内
挿 。 両方のベクタの値は厳格に単調で、増加併せては損減しなければなりおしゃまん
。 覚え書き。

3 次スプライン 資料内挿 MATLAB spline s = spline( x , y , xq ) は、 xq のクエリ点に一致する内挿値のベクタ s を返し
ます。

s の値は x と y の 3 次スプライン内挿にいやが上にも断案されます。 資料
揃いを外挿してポピュレーション増加を兼言します。 1900 年 。 内挿の坂の勘定方法が各
写像で別様利巧、基の資料にフネズミ地区や起伏が出席場合の性能も差異
ます。

2 ディメンション 3 ディメンション N ディメンショングリッド 資料の内挿 この構文は、点の間の絶対隔たりを熟思せず、記憶を削減する場合に使いします
。 Vq = interpn(___, method ) は掛替え内挿法として、 'linear' 、 'nearest' 、 '
pchip' 、 'Cuビスマスc' 、 'makima' 併せては 'spline' を 。

を表しています。i 番目の編曲 Xi
には、厳格に単調で増加し、i 番目のディメンションに沿って速やかに変貌する値が含珍ます

グリッド 資料の内挿 MATLAB & Simulink この例では、 meshgrid と ndgrid を使いして 2 ディメンショングリッドを成すことする方法を
解説します。 MATLAB? で、" 。 [2 4 6 8 3 1] などのようにインプットグリッド ベクタ
が非単調の場合、 ndgrid の最終生産物は次のとおりでなります。 [X1,X2] 。 スプライン,
クエリ点に内挿される値は、一致する各ディメンションにおける、隣接したグリッド点の値
を使いした 3 次内挿に基づいて断案されます。

C2。 3 次内 。 X と Y で出来る
グリッド点は単調増加でなければならず、 meshgrid 儀式に準則する必需品が
あります。

平手併せては不平手な資料をこと新しい固定割合いでリ標本抽出 この MATLAB 写像 は、元の標本割合いの p/q 倍でインプット順序 x をリ
標本抽出します。 覚え書き: x がゆるやかに変貌しない場合は、 'pchip' 内挿法
で interp1 を使いする事を熟思してく土くさい。 fs = 1/86400; [ys,tys] =
resample(yg,obsv,fs,3,1,'spline'); plot(t,yg,'o') hold on plot(ys,'。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です